スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒井氏の「主たる事務所」自民有志が視察(読売新聞)

 荒井聰国家戦略相(64)の政治団体「荒井さとし政治活動後援会」(解散)が、知人が住む東京都府中市のマンションの一室を「主たる事務所」として届け出ていた問題で、自民党の国会議員有志が10日午前、この知人宅を視察した。

 森雅子、西田昌司の両参院議員と赤沢亮正衆院議員の3人で、事務所とされた部屋をマンション敷地内から確認した。2階にあるこの部屋には、個人名の表札があるだけで、森議員は「とても事務所だった場所とは思えない」と指摘。西田議員も「(今国会の)予算委員会で、大臣自らが領収書を示して説明すべきだ」などと話した。

 荒井氏は問題発覚後、この知人宅について、「連絡事務所だった」などと説明したが、自民党は「実態があったとは言えない」などとして、9日に領収書の公開や事務所の使用実態などをただす質問主意書を政府に提出している。

<CO2>30年の排出量試算、1990年から約30%減(毎日新聞)
エコモ財団、交通環境学習を支援…小中学校の募集開始(レスポンス)
複数候補擁立見直しも=小沢氏の政倫審出席に期待―民主・安住氏(時事通信)
玄葉氏入閣へ(時事通信)
小沢氏「役職ない」うっすら涙…院政警戒の声も(読売新聞)
スポンサーサイト

<縄文ツツジ>水田に映え 枝周り20メートル(毎日新聞)

 樹齢が分からないほど古く、枝周りが20メートルもある、岩手県大槌町小鎚の鉄工業、小笠原長一さん(60)方の「縄文ツツジ」が見ごろを迎えた。深紅の樹姿を田植えが終わったばかりの水田に映し、山里の初夏を彩る。

 遠い昔から花の営みを繰り返してきたというロマンから、その名が付けられた。今年は天候不順でいつ咲くのか家族をやきもきさせたが、10日近く遅れての装いとなった。一陣の風で八重桜の淡紅色の花びらがツツジの樹上に舞い、輝き、思いがけなく花の競演を見せてくれた。

 新山高原からの山水が日夜根元を浸し、養分をたっぷりと吸い込んで樹勢を保つ。その花の艶(つや)を愛(め)でてやるのが、小笠原さんの至福の時でもある。【鬼山親芳】

【関連ニュース】
<写真特集>毎日植物園・春
<写真特集>チューリップ:東京・丸の内のオフィス街で8万本が春を演出
<写真特集>今年の桜の思い出は?

桂きん枝、前途多難な船出…街宣車披露も民主逆風を痛感(スポーツ報知)
「辺野古周辺」政府方針に反対…社民・三役会議(読売新聞)
亀井氏が社民離脱論に「子供みたいなこと言うな」(産経新聞)
陸自が農道に模擬地雷、軽トラック乗り上げる(読売新聞)
生態系保全目標、大半先送り…条約会議準備会合(読売新聞)

タクシー運転手遺体発見で車内から売上金なくなる、強盗殺人事件とみて捜査/神奈川・平塚(カナロコ)

 平塚市横内の路上に止められたタクシーのトランクで運転手の荒井庄次郎さん(62)=同市河内=が死亡していた事件で、県警捜査1課は20日、車内から売上金がなくなっていることなどから強盗殺人事件と断定し、平塚署に特別捜査本部を設置した。

 特捜本部によると、荒井さんは勤務中で、同日午前2時20分ごろにJR平塚駅から客を乗せたとみられる。その後、連絡が取れなくなったため、タクシー会社が110番通報。同3時45分ごろ、トランクに横向きに入れられているのを発見された。首から血を流しており、首の左側に鋭利な刃物で切られたような跡があったという。

【関連記事】
タクシーのトランクに運転手の遺体、殺人か/神奈川・平塚
タクシーごと奪い2人組の男が逃走/横浜
横浜のタクシー強盗事件で、容疑者が逃走する映像などを公開/神奈川県警
平塚などで暴力団関係者2人殺害/神奈川
男性撃たれ死亡/平塚駅前の組事務所

<遊具>危ない、劣化やすき間 後を絶たない事故(毎日新聞)
<がん治療>ペプチドワクチン療法 先進医療に承認…厚労省(毎日新聞)
<事業仕分け>第2弾後半2日目 浄化槽設備士、試験講習丸投げ(毎日新聞)
<ラベンダー>気品高く咲き競う--有田で見ごろ(毎日新聞)
鞆の浦 架橋計画推進、反対派初の公式協議 広島県が主催(毎日新聞)

杭打ち方式「業者が潤うだけ」…亀井金融相(読売新聞)

 平野官房長官は7日午前の閣僚懇談会で、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題について、「『5月末決着』に向け、関係閣僚を含めて最終調整している。閣内一致協力して対応したい」と協力を求めた。

 これに対し、社民党党首の福島消費者相は「県内移設という話ももっと努力してほしい」と述べ、沖縄県内への移設には反対する考えを表明した。

 一方、国民新党代表の亀井金融相は閣議後の記者会見で、政府が検討している、沖縄県名護市の米軍キャンプ・シュワブの海上部分に杭(くい)打ち桟橋方式で滑走路を建設する案に対し、「マリコン(大手海洋土木建設業者)と鉄鋼業者が潤うだけで、沖縄県民に受け入れられることは難しい」として反対を表明した。

歌麿の「雪月花」写真見つかる 栃木滞在説裏付けか(産経新聞)
泡から銀河系有数の巨星へ=ハーシェル宇宙望遠鏡が観測(時事通信)
<鶴見川女性遺体>いかりで沈める 遺棄容疑で捜査(毎日新聞)
覆面パトカーが事故=小学男児、腕を骨折-兵庫県警(時事通信)
野口さんが宇宙授業=子供ら6人に-筑波センター(時事通信)

「中国囲碁界の恩人」 北京で「藤沢秀行記念室」開幕式(産経新聞)

 【北京=矢板明夫】昨年5月に83歳で死去した日本囲碁界の重鎮、藤沢秀行名誉棋聖の業績を顕彰するための「藤沢秀行記念室」の開幕式が24日、北京市内で行われ、日中の囲碁関係者約100人が出席した。中国囲碁協会の王汝南主席は「世界の囲碁の発展のために大きな足跡を残した藤沢先生の功労を永遠に心に刻みたい」とあいさつした。

 記念室は中国の藤沢氏のファンらが中心となり、藤沢氏の遺族の協力を得て造ったもの。北京市中心部の囲碁雑誌「囲棋天地」社内に設けられ、藤沢氏が愛用した囲碁セットや揮毫(きごう)した書など数十点が展示される。

 中国でも高い人気と影響力を持つ藤沢氏は、1980年代初めから、弟子たちを連れて13回、自費で訪中。改革開放の直後で、活動を本格的に再開したばかりの中国囲碁界に日本の経験を伝え、若手の育成に力を注いだ。中国の棋士を日本に招待し生活面で世話することも多く、「中国囲碁界の恩人」と中国メディアに評されたこともある。

皇太子さま、奈良入り=復元大極殿を視察(時事通信)
【思いを託す JR脱線・被害者へ】(1)長女を失った木下建一さん(43)(産経新聞)
<冷え込み>関東中心に冬の寒さ 4月末まで低温傾向続く(毎日新聞)
首相「政治資金、資料提出は必要ない」 党首討論(産経新聞)
橋下知事「河村市長の地域新党と連携したい」(産経新聞)
プロフィール

たまるたかあき

Author:たまるたかあき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。