スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒ギョーザ事件、日中警察会議始まる(産経新聞)

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、日中警察当局は21日午前10時過ぎ、犯人逮捕後初めてとなる情報交換会議を始めた。

 警察庁側からは金高雅仁刑事局長ら幹部のほか、千葉、兵庫両県警の捜査幹部ら10人が、中国側は、警察の中央機関である公安省から、王桂強・物証鑑定センター副主任(局長級)ら9人が出席。22日までの予定で協議する。

 公安省は、呂月庭容疑者が平成19年10~12月にかけ、注射器で3回、有機リン系殺虫剤メタミドホスをギョーザに混入したと発表。しかし、被害を出したギョーザからは、有機リン系殺虫剤ジクロルボスも検出されたほか、ギョーザの袋には穴がないものもあり、中国側の発表との矛盾が浮上している。

 警察庁はこうした点や犯人特定の経緯について説明を求めるほか、日本側の鑑定結果など捜査資料の提供、捜査協力の進め方も話し合う。

【関連記事】
中国毒ギョーザ 容疑者は待遇不満で工場と係争中
毒ギョーザ事件 中国側と情報交換会議 警察庁、犯行状況の食い違いなど説明求める
中国の刑事捜査局長が異動 ギョーザ事件の責任者
中国首相、5月30日に訪日で調整 
中国地震、各地で地震犠牲者を哀悼 半旗掲げ3分黙祷
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<朝倉市長選>前県議の森田氏が初当選 福岡(毎日新聞)
群馬の1100万年前地層で発見 化石は新種のヒゲクジラ類(産経新聞)
座いす、阪和道に投げ込み 車接触けが人なし(産経新聞)
走行中の車を座いすが直撃、投げ落としか(読売新聞)
車両床下から煙、大阪市営地下鉄で乗客ら避難(読売新聞)

平等院鳳凰堂 柱にひっかき傷 アライグマの「犯行」か(毎日新聞)

 国宝・平等院鳳凰堂(京都府宇治市)の柱にアライグマによるとみられるひっかき傷が見つかり、平等院は侵入場所をふさぐなどの対策に追われている。神居文彰住職(47)は「またいつ被害に遭うか分からず心配している。国は防護策を早く検討してほしい」と話している。

 神居住職によると、09年春、南側回廊外側の柱1本(高さ約3.5メートル、太さ約25センチ)に、幅4~5センチ、長さ5センチ前後のつめ跡が計14カ所あった。市民団体「関西野生生物研究所」(京都市東山区)によると、傷は体重4~7キロの成獣のアライグマが屋根裏と外を行き来する際、滑りながら柱を上り下りして、ついたらしい。わなによる捕獲は失敗したが、同年夏、鳳凰堂の軒下のすき間など約20カ所を金網でふさぎ、被害は収まったという。

 アライグマによる寺や神社の文化財被害は各地に広がっており、文化庁が08年、浄瑠璃寺(同府木津川市)の国宝・三重塔の調査に乗り出した例がある。【山田尚弘、北村弘一】

【関連ニュース】
天皇、皇后両陛下:京都・平等院を訪問
天皇、皇后両陛下:京都へ出発
平等院鳳凰堂:壁画に下書き 平安の舞「延喜楽」
京の仏像:/54止 雲中供養菩薩像南2号 平等院 /京都
平等院:国宝の壁画、平安の舞「延喜楽」

独居高齢者の安否、乳酸菌飲料の無料宅配で確認―千葉県成田市(医療介護CBニュース)
法人減税に前向き=直嶋経産相、内情で講演(時事通信)
車掌キセル、聞き取り調査は本人のみ…相模鉄道(読売新聞)
<大学>審議会に11年度10校の設置認可を諮問 文科省(毎日新聞)
肝臓、膵臓、乳がんの変異公開=ゲノム解析で新治療法期待-国際チーム(時事通信)

“KARAOKE”発明者のリストに12人(産経新聞)

【日本発 アイデアの文化史】40年の歴史はイノベーションの連続

 何気ない日常。周りを見渡すと「日本発」があふれる。カラオケ、インスタントラーメン、電卓…。時代の必然に背中を押され、日本人は便利な日常を次々と演出してきた。そしてそれは、当初の目的とも違った別の世界へも導いた。「日本発」は、われわれに何をもたらしたのか。

 今や世界共通語となった「KARAOKE」。日本発祥は間違いないが、実は発明者はハッキリしない。

 「発明とは普通、ハードの発明者をいいますが、カラオケの場合、ハードだけでなく、ソフト開発、商売として成り立たせるサービス、その3つが組み合わさって発展したので、発明者の特定が難しい」

 昭和50年代、松下電器産業(現パナソニック)で家庭用カラオケ第1号の開発にかかわった関西外国語大の前川洋一郎教授(66)が、“発明者”として12人の名が記されたリストを手渡してくれた。

 「カラオケ進化論」(廣済堂出版)の著書がある前川教授が、大学でカラオケを教材にするのも、「カラオケ40年の歴史は、イノベーション(技術革新)の連続だから」との理由だ。つまり日本の知恵と技術が投入された“発明者”の多さこそ、KARAOKEが世界の夜を席巻した理由だというのである。彼ら黎明期(れいめいき)の発明者が、特許を取得しなかったことも、カラオケ発展に寄与した。

 前川教授によるハード、ソフト、サービスの“発明者”計12人のうち、ハードにかかわるのは5人。いずれも昭和40年代、小型ジュークボックスにマイク入力端子を付けて改造した原型を作った人々だ。

 真の発明者を特定するのが目的ではないが、一般に“発明者”として知られているのは井上大佑(69)だ。井上は米国「タイム」誌(1999年8月23-30日号)の「今世紀最も影響力のあったアジアの20人」にカラオケの発明者として選ばれ、5年後には奇想天外な研究に贈られるイグ・ノーベル賞も受賞した。その生涯は映画「KARAOKE 人生紙一重」(平成17年、辻裕之監督)にまでなった。

 カラオケメーカーなどでつくる「全国カラオケ事業者協会」(東京都品川区)の片岡史朗専務理事(49)も「発明者は特定できないが、業務用の現在のカラオケの原型を考案したのは井上」と話す。その理由は2点。井上が作った「8JUKE(エイトジューク)」には、5分間100円のコインタイマーが付き、課金システムを確立したこと。そして素人でも歌いやすい伴奏ソフトも合わせて開発したからである。

 甲子園球場に近い兵庫県西宮市の雑居ビルで井上大佑が昭和46年に生み出した「8JUKE」を見せてくれた。一辺30センチのおもちゃ箱のような立方体に、オリジナルテープ「歌うクレセント」と書かれた8トラックテープが刺さっていた。

 「僕は夜の神戸で、店専属の流さない『流し』をしていたから、客が何を求めているかが分かっていた」

 1キロ離れた大阪では、お客が流しの「弾き語り」を聞くのが一般的だったが、神戸ではお客を歌わせる「伴奏」が求められた。「下手な歌を、いかに気持ちよく歌わせるかが勝負」と笑う井上。楽譜が読めない分、耳で覚えた曲を客の口を見てテンポを調節し、歌いやすく転調してジャズオルガンを弾いた。

 「大ちゃんは歌いやすい」。ひいきの鉄工所社長に社員旅行への同行を頼まれたが、あいにく日程が合わない。そこで社長の十八番(おはこ)、フランク永井の「羽田発7時50分」など3曲を、社長好みにアレンジして録音、テープを手渡した。

 「これがすごく喜ばれ、商売になるとピンと来た」。曲の頭出しが容易な8トラックのカーステレオデッキを知人の電気技師に持ち込み、アンプやマイク入力端子、スプリング式エコー、5分間のコインタイマーを付けた。「普通1曲3分だから、曲が途中で切れないようコインを入れ続ける仕組みです」。仲間と素人向けにアレンジした曲のテープも作り、8JUKEとセットで神戸の飲食店10軒に貸し出した。

 最初は恥ずかしそうに歌っていた客も、やがてコインを続けざまに投入していく。「2カ月で注文が山ほど来るようになり、コイン詰まりも続出した」。井上は8JUKEのメンテナンスと出荷に奔走。カラオケは、流しの伴奏で歌う文化があった神戸から花開いた。=敬称略(飯塚友子)

【関連記事】
これでモテる?カラオケで歌うべき曲1位
カラオケダイエット? 歌うと痩せる曲ランク、1位は?
自民党職員が歌手デビュー 「党の応援歌に」と
【都市伝説を追う】女子大生バニーを連れた“ギター侍”
命がけで歌え フィリピンで多発する「マイ・ウェイ」殺人

<井上ひさしさん死去>父の芝居、継続して上演…三女が会見(毎日新聞)
ポーランド大統領死亡で弔電=鳩山首相(時事通信)
<雑記帳>夕張頑張れ…GLAYのTERUさんらプレゼント(毎日新聞)
<浄化槽設備士センター>別法人に業務大半丸投げ 天下りも(毎日新聞)
<普天間移設>連立内から「5月末は無理」(毎日新聞)

高速無料化は堅持を=参院選マニフェストで-国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は6日の閣議後記者会見で、夏の参院選に向けた民主党マニフェスト(政権公約)の見直しに関連し、「高速道路無料化を段階的に社会実験をやりながら(進めていく)ということについては何ら変える必要はないのではないか」と述べ、衆院選マニフェストで掲げた高速道路無料化は堅持すべきだとの考えを示した。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
【Off Time】街ある記-富山県魚津
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

<放鳥トキ>卵は2個 別のペアも産卵か…新潟・佐渡(毎日新聞)
<警察庁>電車内での痴漢取り締まり強化(毎日新聞)
元税務課職員2人に逮捕状=不正経理、神奈川県庁捜索-県警(時事通信)
遺体遺棄の被害女性、大阪拠点に転々と暮らす(読売新聞)
与謝野元財務相 新党結成で合意 平沼元経産相代表就任へ(毎日新聞)

<出資法違反>ゲーム開発で100億円集金か 愛知県警捜査(毎日新聞)

 東京都のゲームソフト開発販売会社が集めた出資会員らを相手に、都内の関係会社が投資話で不正に出資金を集めた疑いがあるとして、愛知県警が出資法(預かり金の禁止)違反容疑で強制捜査に乗り出したことが分かった。ソフト会社関係者の自宅などを家宅捜索するとともに、同社の実質経営者らから任意で事情聴取している。県警は不正に集めた出資金が全国で100億円近くに上るとみて解明を急ぐ。また投資話が架空だった疑いがあるとみて詐欺容疑も視野に調べる。

 捜査関係者や会社関係者によると、ソフト会社は05年4月、東京都の男を実質経営者として設立。人気ゲームシリーズの開発に携わった男性が経営する会社など3社に新しいゲーム開発を委託するとして、出資会員を募った。出資者にはゲーム販売の収益が分配されるほか、他の出資者を紹介すると紹介料ももらえると宣伝。また、架空の未公開株上場話でも投資を呼びかけるなどした疑いがあるという。

 人気ゲームシリーズの開発者によると、05年ごろに知人から実質経営者の男を紹介され、ゲーム開発を数千万円で受託。06年に携帯ゲーム機用ソフトとして販売したが、開発費の半分も回収できず、男と連絡が絶えたという。出資者は東北、関東、中部、近畿と全国にまたがっている。

【関連ニュース】
詐欺:桑名市元課長を起訴 名古屋地検
寺放火:容疑の僧侶、詐欺未遂でも逮捕…埼玉県警
岡崎信金:元渉外次長を再逮捕 預金詐欺容疑
リフォーム詐欺:サムニンに2億8000万円の賠償命令
判決文偽造:元書記官に懲役11年 さいたま地裁判決

増え続けるDV被害 「自分はダメ人間。私のせい…」 被害意識なく気付かず(産経新聞)
鳩山邦夫氏の新党参加で与謝野、平沼両氏の間に温度差(スポーツ報知)
首相、あす滋賀県入り(時事通信)
<掘り出しニュース>「地域の力」結実 公衆トイレ完成 三重・伊賀(毎日新聞)
自民党、舛添氏に参院選の選対本部長代理を要請へ(産経新聞)
プロフィール

たまるたかあき

Author:たまるたかあき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。